• トップ /
  • 賃貸の場合のエアコン修理負担

賃貸でエアコンが故障したら

マンションやアパートなどの賃貸物件に住んでいると、備え付けのエアコンが故障してしまうといったトラブルが起こることがあります。その場合の修理負担は、借り主ではなくて大家(家主)が支払うのが一般的です。修理をしても直る見込みがなく、取り換えが必要な場合にも家主の負担となります。そのため、使用していて調子が悪いと感じたり、突然動かなくなってしまったという場合には、賃貸物件を管理している管理会社や大家に連絡をする必要があります。勝手に修理の依頼をしてしまうと、修理費用を負担してもらえないので注意が必要です。

エアコンをつけてくれる賃貸

賃貸アパートやマンションの中にはサービスとしてエアコンが付いているものもあるので、そのような物件を探せば、自分で購入して設置する手間と費用をかけなくて済むでしょう。もし、気に入った物件があった場合、設置してもらうように交渉すると、場合によってはオーナーが交渉に応じてくれて、入居までに設置してくれることもあります。賃貸アパートやマンションなどを借りる時には、遠慮せずにこちらの要望を伝えるようにすれば、借りてほしいと思っている大家さんがしっかりと対応してくれることも多いので、気兼ねせずに交渉を行ったほうが良いでしょう。

↑PAGE TOP