• トップ /
  • 賃貸住宅のエアコンが不調の時に

賃貸住宅では貸主に連絡を

賃貸住宅の大きなメリットの一つに、設備の更新費用は基本的に貸主側が費用を負担するということが挙げられます。エアコンなどの高額な住宅設備機器の交換に際して、自己負担が発生しないというのはたいへん魅力的です。もちろん故意に破損した場合にはその限りではありませんが、通常の使用の範囲の中での故障であればすぐに連絡をして交換してもらいましょう。また、故障までいかなくても動作が不安定などの不調がある場合にも連絡をし、故障する前に対処してもらうことも可能です。賃貸住宅に住まうメリットを最大限にいかしたいものです。

エアコンは賃貸もあります

電化製品の中でもかなり大型の機材であるエアコンは購入したら100000円程度の価格がかかります。そのためこちらの商品を購入する場合にはかなりの出費を覚悟しなければいけません。少しでもリーズナブルな価格で抑えたいならば賃貸の商品を利用する事がオススメです。こちらの場合だとレンタル代金として月に1000円から3000円程度の支払いで済みます。支払い方法もクレジットカードや銀行振込などから自分が好きな方法を選ぶ事が可能です。万が一故障した場合でも賃貸の場合だときちんと保険にも加入しているので安心です。

↑PAGE TOP