• トップ /
  • 賃貸物件のエアコンの扱い

賃貸物件のエアコンが壊れたとき

賃貸物件でエアコンが寿命で壊れた際に誰が修理を行うかは、残置物の契約になっているか、設備の契約になっているかによって異なります。残置物という契約ならば、貸主に修理の義務がなく、借主の費用負担で修理を行う必要があります。しかしながら、設備という契約になっている場合には、貸主に修理の義務があるために借主は貸主へ修理を行うことを主張できます。このように、エアコンが残置物か設備かについての説明は賃貸契約前の重要事項説明で行われます。従って、その際にしっかりと確認を行い壊れた際の修理費用の負担者を明らかにしておく必要があります。

賃貸を探すならエアコンは必須

賃貸物件を探すなら、エアコンの付いている物件は必須と言えます。今ではない賃貸物件を探す方が難しいとも言えますが、それほど必需品と言えます。稀に、元々設備として付いておらずその分安い物件もありますが、大家さんによっては自分で設置できないこともあります。また入居者負担で設置可能な物件もありますが、その際にも退去時に取り外さなければならなかったり、また結局そのまま大家さんのものになってしまうなどのパターンも考えられるため、結果的に高い買い物になってしまいます。よって、最初から設置されている部屋を探す方が良いといえます。

↑PAGE TOP