• トップ /
  • 賃貸のトラブル解決します

賃貸か持ち家どっちが得か

少子高齢化社会において、持ち家を持つということはデメリットが多くなってきています。その要因として、持ち家を購入後、売りに出すとしても買い手がいないことが考えられます。若い世代の減少に伴い、賃貸物件の競争が激化する中で、価値の下がった家を購入するよりも賃貸契約をしたほうが買い手にとってもリスクが少ないためです。また、今後も増税することがほぼ確実な中で、固定資産税などがかかってしまうことが経済的に重くのしかかるのに加え、ローンの支払いも大変です。持ち家はステータスの時代は終息したように感じます。

↑PAGE TOP